• 印刷する

ヤンゴン管区、自動車税を排気量別で徴収へ

ミャンマー最大都市を管轄するヤンゴン管区のミン・タウン計画・財務相は、自動車税をこれまでの車体重量別ではなく、排気量別に課す方針を明らかにした。税額は1年当たり3万6,500~10万9,500チャット(約2,850~8,560円)。21日に管区議会に提出した税制法案に盛り込んだ。イレブン電子版が22日伝えた。

排気量が660ccまでで3万6,500チャット、660~1300ccで5万4,750チャット、1301~2000ccで7万3,000チャット、2001~4300ccで9万1,250チャット、4301cc以上で10万9,500チャットを課税する。

ミン・タウン計画・財務相は「新たな課税方式は、管区歳入局やヤンゴン市開発委員会(YCDC)、陸運局との協議で決定した」と説明。自動車税収の拡大に期待を示した。管区の自動車税収額は現在、年間20億チャット前後。

ヤンゴン管区で登録されている車両台数は、2009年度(09年4月~10年3月)の19万4,407台から、17年7月末時点で52万9,437台に増加した。 


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

障害者の雇用理解に手引き 日本のNPOなど、企業向けに(01/21)

ヤンゴンバス電子決済、年内に稼働目指す(01/21)

中銀、民間銀に3年以下の住宅ローン認可(01/21)

石油公社、マグウェーで26日に試掘開始(01/21)

10~12月の貿易額は84億ドル、1億ドル増(01/21)

ゴム輸出税の引き下げ検討、免税範囲も拡大(01/21)

KDDI、統合マネージドソリュの提供開始(01/21)

ネピドーに緊急医療訓練センター、国内初(01/21)

ヤンゴンのカンタヤセンター、正式開業(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン