• 印刷する

ヤンゴンの縫製工場、最低賃金適用求めスト

ミャンマー最大都市ヤンゴン北部のラインタヤ工業団地の縫製工業で22日、労働者500人以上がストライキを行った。労働者らは、全国最低賃金委員会が決定した法定最低賃金の日額4,800チャット(約375円)を直ちに適用するよう求めている。ミャンマー・タイムズ(電子版)が23日伝えた。

ストを行ったのは、Jabpジアウェイ・ミャンマー(Jabp Jiawei Myanmar)の縫製工場の労働者。ラインタヤ郡区の他の縫製工場は、新たな法定最低賃金の支払いを既に始めたとして、同様の対応を求めている。

経営側は「政府が承認次第、改正法定最低賃金を適用すると説明したにもかかわらず、労働側はすぐに開始するよう要求している」と説明した。

最低賃金委は5日に新たな法定最低賃金を決定したが、適用開始には大統領の承認が必要。委員らは4月からの適用を目指しているが、現時点で承認を得られていない。21日にティン・チョー大統領が突然辞任を表明したことで、さらに遅れが出ることが懸念される。

Jabpジアウェイ・ミャンマー縫製工場は8カ月前、ラインタヤの第2工業団地に開業したばかり。従業員数は900人で、うち500人がストに参加した。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 繊維マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

農業の高付加価値化へ支援を 物流や人材育成、緬商議所が訴え(10/17)

国軍がFBで情報操作、迫害支持狙う(10/17)

英国、木材産業の支援を中止=難民問題で(10/17)

4~9月の貿易赤字、13億米ドルに縮小(10/17)

ヤンゴン駅周辺再開発、土地調査を開始(10/17)

食品安全基準のGAP認証、取得農家が急増(10/17)

ヨマ銀、マイクロファイナンスへの融資拡大(10/17)

国内航空各社、運賃の値上げは当面実施せず(10/17)

政府・国軍・武装勢力が和平特別会合を実施(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン