給油所の不正行為、取り締まり強化

カンボジア工業・手工芸省などは、国内の給油所のポンプ設備とガソリン品質の検査態勢を拡充する。消費者から給油所の給油量について不正が指摘されているため、取り締まりを強化する狙い。クメール・タイムズ(電子版)が23日伝えた。

同省の国家計量センターが給油所の設備、商業省傘下のカンボジア輸出入検査・不正防止総局(カムコントロール)が品質を検査する。ポンプ設備のほか、ガソリンなどの燃料に化学製品が添加されていないか調べる。

商業省によると、複数の給油所が消費者に対し、料金よりも少ない量の燃料を入れていたことが発覚。既に警告を出したほか、同省と工業・手工芸省、給油所の経営者の3者で近く会議を開き、多くの施設を検査できる態勢を整える。

商業省は昨年9月から、移動式の検査車両で給油所を巡回し、品質の悪い不正燃料を取り締まっている。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

証券取引委、投資ファンドの規定導入へ(05/18)

ANZロイヤル銀を買収 Jトラスト、成長市場に照準(05/18)

〔寄り道〕その男はまだ「死んで」…(05/18)

17年の対英輸出は5%増、輸入は2.1倍に(05/18)

商業省、燃料価格上限の設定維持へ(05/18)

台湾合作金庫銀の2営業所新設、中銀が認可(05/18)

JCインター航空、プノンペン―貴陽線開設(05/18)

農業マッピングを全国展開、3年内に(05/18)

国境マーケット、越政府と年内完工を確認(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン