• 印刷する

給油所の不正行為、取り締まり強化

カンボジア工業・手工芸省などは、国内の給油所のポンプ設備とガソリン品質の検査態勢を拡充する。消費者から給油所の給油量について不正が指摘されているため、取り締まりを強化する狙い。クメール・タイムズ(電子版)が23日伝えた。

同省の国家計量センターが給油所の設備、商業省傘下のカンボジア輸出入検査・不正防止総局(カムコントロール)が品質を検査する。ポンプ設備のほか、ガソリンなどの燃料に化学製品が添加されていないか調べる。

商業省によると、複数の給油所が消費者に対し、料金よりも少ない量の燃料を入れていたことが発覚。既に警告を出したほか、同省と工業・手工芸省、給油所の経営者の3者で近く会議を開き、多くの施設を検査できる態勢を整える。

商業省は昨年9月から、移動式の検査車両で給油所を巡回し、品質の悪い不正燃料を取り締まっている。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

プノンペン自治港が拡張 処理能力2倍に、900万ドル投資(12/20)

現代自、SUV「コナ」の新モデル発売(12/20)

民間債務が足かせ、信用リスク高く=S&P(12/20)

主要空港の旅客数、18年は1000万人突破(12/20)

携帯スマート、WiFi音声通話に対応(12/20)

首都の国際空港、貨物管理部門を組織(12/20)

中小企業のIT活用促進を、世銀が見解(12/20)

瀾滄江メコン川協力基金、800万ドルを支援(12/20)

本田選手の活動に「懸念」、人権団体(12/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン