エイサーの17年純利益、28億元でプラス転換

パソコン(PC)世界大手の宏碁(エイサー)が21日発表した2017年通年の連結業績によると、純利益は28億1,600万台湾元(約102億1,900万円)で49億元の損失を計上した16年からプラスに転換した。製品ラインアップの調整などにより粗利率や営業利益率がともに過去最高を更新し、利益…

関連国・地域: 台湾
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:地方創生の一助となるか…(12/20)

台湾人の北海道訪問増を応援 日ハム移籍の王柏融、経済効果大(12/20)

光ディスクのライ徳、米社と車載向け合弁設立(12/20)

19年国・地域別ウエハー投資、台湾はプラス成長(12/20)

三陽と中油、電動二輪車の開発で協力覚書(12/20)

イエローハット、城科大と実習生受け入れで協定(12/20)

大同グループ、負債1132億元=金管会発表(12/20)

牛乳「85℃」、パンの商標侵害に当たらず(12/20)

豚肉製品持ち込み、初回は罰金20万元に(12/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン