• 印刷する

テイクオフ:小国であるシンガポール…

小国であるシンガポールでは「人が資源」といわれる。このため優秀な人材を育てる取り組みが盛んだ。その中の一つに褒めて育てる表彰制度がある。

例えばバスの車体広告には、優秀ドライバー賞を取った運転手の写真が大きく掲載されている。当の本人たちも公の場で受賞を「お披露目」されて悪い気はしないだろう。またスタッフが顧客からの評価を「推薦状」として会社に提出すれば、賃上げやボーナスアップにつながる仕組みもある。先日、いつもお世話になっている保険会社の担当者から推薦状を書いてほしいと依頼を受けた。初めての経験で最初は戸惑ったが、「彼女はいつも迅速に対応してくれます」など日ごろ感じていることを書いたら、予想以上に喜んでくれた。

日本人は褒めるのが下手といわれるが、シンガポールのようにもう少しはっきりと言葉にしてもよいのかもしれない。(雪)


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 金融運輸雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

AI技術の特許審査、世界最短の6カ月に(18:04)

建設業の総雇用者数、3年ぶりに増加(18:04)

新興企業ネオ、一人乗り飛行体を開発(18:30)

クラウド・AIの拠点設置 華為、最新技術で事業基盤強化(04/26)

テイクオフ:3年間のシンガポール勤…(04/26)

定年・再雇用年齢、労組が65・70歳を提示(04/26)

【アジア三面記事】猫カフェ、実は悪徳ブリーダー(04/26)

管理会計士への転職支援、研修制度が始動(04/26)

積水とシンガ企業、シドニー商業施設を売却(04/26)

郊外に事務所移転の動き、賃料上昇で(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン