• 印刷する

イースター、香港・マカオで宿泊費値上げ

香港とマカオのホテルが、今月末から始まるイースター(復活祭)連休期間の宿泊料金の値上げに動いている。香港ドル安の進行で、海外から香港、マカオへの旅行意欲が高まっていることが背景にある。22日付香港経済日報が伝えた。

九龍・尖沙咀にある帝苑酒店(ザ・ロイヤル・ガーデン・カオルーン・ホンコン)は、連休期間の宿泊料金を昨年より高めに設定した。客室の予約率は8割に達しており、最終的に満室を見込んでいるという。

マカオで大型総合カジノリゾート「十六浦(ポンテ16)」を運営する実徳環球(サクセス・ユニバース・グループ)は、連休期間の宿泊料金を香港ドル建てで1泊1,600~1,800HKドル(約2万2,000~2万4,000円)に設定。予約率は帝苑酒店と同様に8割を超えており、連休間近に値上げする予定だという。

実徳環球の馬浩文副会長は「香港ドル安が進み、以前に比べ旅行者の消費マインドが高まっているようだ」と述べた。


関連国・地域: 香港マカオ
関連業種: サービス観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:早くも月餅のシーズンが…(08/15)

マカオカジノ業界が堅調 貿易摩擦も「影響軽微」(08/15)

マカオのカジノ免許、「CSR」要件追加へ(08/15)

香港のコンテナ取扱量、今後10位以下転落も(08/15)

天虹紡織、貿易戦恐れず生産拡大へ(08/15)

APA、香港CKIの買収案受け入れへ(08/15)

【予定】15日 全国戦没者追悼式ほか(08/15)

大学生に人気の就職先ランク、政府がトップ(08/15)

コピー商品の摘発、AI導入で上半期3割増(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン