• 印刷する

大成温調、地場ISOと業務・資本提携

空調設備工事の大成温調(東京都品川区)は22日、電気設備工事を手掛けるシンガポールのISOインテグレートM&Eと業務・資本提携を締結したと発表した。

大成温調はISOインテグレートの株式34.1%を取得する。これに伴い、ISOインテグレートは建築機械設備の工事部門を立ち上げるとともに、シンガポール政府が推進する環境配慮型建物認証「グリーンマーク」の関連事業に参入するための体制を整える。

大成温調は、ISOインテグレートに取締役1人を派遣して経営に参画。将来性が有望な東南アジアでの事業展開に向けて、域内ハブとして機能させることを目指す。

ISOインテグレートは、シンガポール取引所(SGX)に上場するISOチームの完全子会社。公共施設や商業施設の電気工事を請け負っている。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 建設・不動産小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中心部にある独立系映画…(10/24)

【運輸・宅配】物流の新興企業、各地で実績 トラックの最適化で非効率を打破(10/24)

9月CPI上昇率、2カ月連続で0.7%(10/24)

通産相、業種による成長のばらつき大きく(10/24)

東南アジアへの直接投資、1~6月は18%増(10/24)

企業庁、インフラ係争処理プロトコル策定(10/24)

ウィーチャットペイ、セブンなど600店で導入(10/24)

グラブ、東部で宅配サービスを試験導入(10/24)

パビリオン、LNG船2隻のチャーター契約(10/24)

配車グラブ、安全向上へ投資を倍増(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン