騰訊、モバイル決済に注力 香港での事業発展は楽観

中国本土インターネットサービス大手の騰訊(テンセント)は21日、「今年はモバイル決済事業により一層注力する」と表明した。香港でのモバイル決済事業についてはシステム的な課題を挙げたが、「香港政府が対応に乗り出す」として楽観視していることも明らかにした。 香港で開…

関連国・地域: 中国香港
関連業種: 金融IT・通信サービスメディア・娯楽マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

銅鑼湾オフィス賃料が急上昇 3年ぶり上げ幅、空室率低下で(08/21)

週末住宅取引、新築は8割減の35戸に(08/21)

【予定】21日 河野外相が米ハワイなど訪問ほか(08/21)

テクノロジー人材育成策、政府が近く発表(08/21)

【人事】物語コーポレーション取締役に岡田雅道氏ほか(08/21)

本土からの予防接種旅行が増加、香港に恩恵(08/21)

【訃報】直野徳氏(元住友商事副社長)(08/21)

小米系フィンテック会社、仮想銀行申請へ(08/21)

続伸、騰訊が大幅上昇=香港株式(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン