米シグナ、台湾でのAI技術強化に1.5億元投資

医療保険大手、米シグナの台湾子会社、国際康健人寿保険(シグナ台湾)は20日、今年台湾で新たに1億5,000万台湾元(約5億5,000万円)を投資する方針を明らかにした。人工知能(AI)やデジタル技術の強化で、顧客のニーズに合った商品提案を行うと同時に、電話による勧誘も強化…

関連国・地域: 台湾米国
関連業種: 金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「ビール2本につきタマ…(05/22)

日台で電動二輪車用電池を開発 中油とTDK、年末までに合弁会社(05/22)

TSMCの7ナノ、6月にも出荷へ(05/22)

鴻海、中国太原工場でiPhone生産向け研修か(05/22)

聯発科技、OPPOミドルレンジ機種向け受注(05/22)

聯発科技、ホームポッド廉価版にチップ供給か(05/22)

中国の格力、鴻海とロボット生産で提携(05/22)

群創、従業員72人解雇で波紋(05/22)

力晶、中国・ビットメインにメモリー供給(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン