【知識探訪】「タマン・ヌガラ国立公園」にみる自然保護と開発 河合文(千葉大学大学院人文公共学府特任研究員)

マレーシアの観光地として有名な「タマン・ヌガラ国立公園」が植民地時代の歴史と関係することは、あまり知られていない。マレーシア独立以前、この公園は「ジョージ5世国立公園」と呼ばれていた。その元となった野生生物保護区は、ゴム・プランテーションの拡大などをうけて制定…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

プロドゥア、新SUV「アルス」を発売(18:15)

天然ゴムの輸出30万トン削減、2カ国が合意(20:20)

テイクオフ:日本ではバブル崩壊後か…(01/16)

ペナン州自転車シェアが快調 リンクバイク、国営石油も導入検討(01/16)

RM=26.4円、$=4.09RM(15日)(01/16)

第3国民車の試作車、3月までに公開へ(01/16)

【ハノイ重慶】「陸海新通道」がスタート (最終回)連結性強める中国ASEAN(01/16)

プロトン、海外勢と協業で4700万リンギ調達(01/16)

KTM複線化、TSRが土木工事受注(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン