• 印刷する

テイクオフ:開けてみてぎょっとした…

開けてみてぎょっとした。マカダミアナッツが入った日本ブランドのチョコレート。トレーの上に、一粒ずつ整列しているはずが、むなしくも一つの塊となって箱の右はじにたまっていた。南国のフィリピンではよくあること。と言い聞かせてみるが、これがまた頻繁にあるから困る。

外の気温は30度近く。購入した先はクーラーのがんがん効いたコンビニ。けれど、電気代が高いこの国では、夜間になると冷蔵機能を止める店が多い。「スーパーの肉も、常温で売られているのと変わらないよ」などと聞いたら、あれやこれやと不安がよぎり、なかなか手が伸びない。

電力供給や、マニラ首都圏の渋滞、コールドチェーンの物流。思い当たる節は山ほどあるけれど、おいしく食べられればいいや、という発想に行き着くのも時間の問題か。でもできるなら、チョコは一口ずつ頬張りたい。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【予定】21日 河野外相が米ハワイなど訪問ほか(08/21)

【人事】物語コーポレーション取締役に岡田雅道氏ほか(08/21)

【訃報】直野徳氏(元住友商事副社長)(08/21)

テイクオフ:フィリピンは近年、カメ…(08/20)

東南アの住宅サイト大手へ DOT、若者取り込み比首位(08/20)

エアアジアが欧米便に意欲、日本発着国際線強化(08/20)

コカコーラ現法、米本社に事業売却(08/20)

ロビンソンズのスーパー買収、競争委が承認(08/20)

外食マックス、下半期に50店を新規出店(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン