中華郵政、春にも電子決済サービスに対応へ

中華郵政は20日、新たにモバイル決済サービスに対応すると発表した。早ければ3月末から4月上旬にも開始する。中華郵政が擁する預金口座数は台湾最多で、台湾政府がモバイル端末決済の普及率を2025年に90%まで引き上げる目標に呼応することでモバイル決済の利用促進につなげた…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融・保険運輸・倉庫


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:以前は、ただの迷信だと…(05/24)

家電の声宝が外食市場に参入 がんこフードと提携、3年で20店(05/24)

HTC、スマホ新機種「U12+」発表(05/24)

4月スマホ販売が8.4%減、50万台下回る(05/24)

鴻海出資の和沛科技、99.9%の減資発表(05/24)

華徳動能、欣欣客運から電動バス12台を受注(05/24)

食品へのアレルギー源表示、対象を拡大(05/24)

台湾ダイソー、2年間の輸入資格抹消処分に(05/24)

全聯の店舗当たり売上2桁増、セブン超え目標(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン