21日指数は反発、安定した値動きも終盤に急降下

21日の台湾株式市場で加権指数は小反発。終値は前日比0.23ポイント(0.00%)上昇し11,011.07ポイント、売買代金は1,299億6,100万台湾元(約4,740億円)だった。 21日の集中市場では、ハイテクや従来型産業の幅広い銘柄に買い注文が入った。光学株のほか、繊維、バイオ・医薬とい…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

4月の失業率3.64%、同月過去2番目の低水準(14:13)

テイクオフ:自動運転車と聞くと真っ…(05/23)

EC蝦皮、今年夏に倉庫増設 19年末に人員2倍、台湾で首位固め(05/23)

日亜化学、特許侵害でASUS日本を提訴(05/23)

国巨が米通信機器パルスを7.4億ドルで買収(05/23)

広達、グーグル向けARディスプレイ開発か(05/23)

メモリーモジュール宜鼎、宜蘭にR&Dセンター(05/23)

鴻海系の富智康、ノキアブランドHMD株取得(05/23)

配線材料大手の華偉、タイ・ラヨーン県に新工場(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン