• 印刷する

テイクオフ:数年前のインディラ・ガ…

数年前のインディラ・ガンジー国際空港(IGIA)。国際線ターミナルの荷物検査で、2リットルほど水が入ったペットボトルを持ち込もうとしていたカップルがスタッフに捕まっていた。

水道に半分ほど流して再度交渉していたが、空港のスタッフは首を縦に振らない。そこにすかさず彼女が一言もの申すと、明らかに基準値を超えている水が入ったペットボトルの持ち込みが許可された。英語混じりにヒンディー語であったため意味は定かではないが、「神聖な水だ」と主張していたように思われる。

インドではガンジス川の「神聖な水」を持ち帰ったり販売したりする習慣があるらしい。信仰心が強いインドでは「神聖」とさえ言えば多少のことは融通が利くのだろうか。今でこそ基準を超える液体の持ち込みなど許されないだろうが、寛容なインド人の宗教観が垣間見られた気がした。(鶴)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:これまでの駐在国で夜の…(10/24)

【運輸・宅配】物流の新興企業、各地で実績 トラックの最適化で非効率を打破(10/24)

ウェッジ子会社、自動三輪車に金融サービス(10/24)

現代自「サントロ」、40万ルピー以下で発売(10/24)

二輪ヒーロー、125ccスクーターに参入(10/24)

二輪TVS、上期は2桁増収(10/24)

中国シャオミ系の照明ブランド、インド進出(10/24)

有力校の人材呼込み、日本企業10社が説明会(10/24)

最高裁、オーリゾン貨物制限案の審理開始(10/24)

所得税申告、給与と非給与所得ともに増加(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン