カルテックス、給油所を200カ所増設へ

タイで「カルテックス」ブランドの給油所を運営する米系シェブロン(タイ)は、向こう4年間で給油所を200カ所に設置する計画だ。投資額は2億米ドル(約213億円)。新業態の「スマートステーション」への切り替えも進める。21日付プーチャッカーンが報じた。

毎年平均50カ所を増設し、2021年に全体の給油所数を570カ所以上にする計画。スマートステーションは、第4四半期(10~12月)に1号店をバンコク首都圏に開設する。販売状況に応じて、新たに設置する給油所を全てスマートステーションとする可能性もある。

既存の給油所についても、順次スマートステーションに改装する。スマートステーションには、将来的に電気自動車(EV)用の充電スタンドや太陽光発電設備を設置する。

シェブロン(タイ)の売上高に占める非石油事業の割合は20%。スマートステーションの増設に合わせてコンビニエンスストア、レストラン、コーヒーショップなど小売・飲食事業も強化し、21年には同割合を30~50%に引き上げる計画だ。


関連国・地域: タイ米国
関連業種: 天然資源金融・保険

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:米国のトランプ大統領を…(05/21)

JICA、洪水対策で提言 外郭環状放水路の優先整備を(05/21)

サンキョウホーム、京阪不動産とコンド開発(05/21)

アセットワイズ、ラプラオの低層コンド発表(05/21)

タイ・カンボジア鉄道、6~7月に開業見込(05/21)

首都庁、BTSのエレベーターに8.8億円(05/21)

ボイラーの三浦工業、バンコクに新営業所(05/21)

サイアムシティー、産業用の洗浄事業を買収(05/21)

石炭開発バンプー、第1四半期は赤字決算(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン