国産の天然ガス価格、2年ぶりの高値予測

インド産の天然ガス価格が、再び上昇する見通しだ。専門家や業界関係者は、2018年4~9月は1ユニット(100万英熱単位=MMBTU)当たり3.2米ドル(約340円)と、16年4月以降の最高値になると予測している。ヒンドゥスタン・タイムズ(電子版)がブルームバーグを引用して20日伝えた。

インド政府は、海外の価格動向などを参考に国内産の天然ガス価格を半年ごとに見直している。17年10月~18年3月の現行価格は1ユニット当たり2.89米ドルで、価格が予測通りに引き上げられれば、上昇幅は約11%となる。

国産天然ガスの価格は、現行価格が定められた際に3年ぶりに上昇に転じていた。専門家らの予測通りに推移した場合、値上げは2期連続となる。


関連国・地域: インド
関連業種: 経済一般・統計天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

鴻池運輸、鉄道輸送を強化 日系企業の需要取り込み狙う(05/25)

国鉄と公営4社、鉄道網増強などで覚書(05/25)

パソナ現法、中東・アフリカ向け人材を紹介(05/25)

タタ自、昨年度純益は21%増の899億ルピー(05/25)

車部品マザーサン、昨年度は25%増益(05/25)

蘭アクゾノーベル、生産増強に400万ユーロ(05/25)

鉄鋼公社とミタルの製鉄所、オディシャ候補(05/25)

都市ガスのMGL、20万世帯にガス管を敷設(05/25)

アクシアタ、印関連会社の合併が近く完了へ(05/25)

中小企業の破綻処理、株主の応札可能に(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン