公営EESL、西部2州にEV9千台供給へ

インド公営のエナジー・エフィシェンシー・サービシズ(EESL)は、電気自動車(EV)の供給で西部のグジャラート州、マハラシュトラ州と覚書を交わす方針だ。公用車向けに計9,000台を納入する。ファイナンシャル・エクスプレス(電子版)が21日伝えた。 グジャラート州に8,0…

関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車運輸・倉庫社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

バーチャル大学で即戦力輩出 優秀IT人材ここにあり(下)(05/18)

インド二輪ロイヤル、タイ現地法人設立へ(05/18)

豊田通商、インドの自動車ECに出資(05/18)

政府のEV政策、地場車両各社などが見解(05/18)

リクルート、地場フィンテックに出資(05/18)

インフォシス、貿易金融にブロックチェーン(05/18)

インドLCCインディゴ、ベトナム便を計画(05/18)

【アジア業界地図】二輪車編(主要市場 鈍化やマイナス成長も)(05/18)

シングテル通期は増収増益、デジタル事業好調(05/18)

印、緬からの豆類輸入割当は今年度50万トン(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン