1社当たり発電容量、上限は547万kWに

フィリピンのエネルギー統制委員会(ERC)は、発電事業者1社当たりの設備容量の上限を、今年は546万6,779.34キロワット(kW)に設定した。電力市場に自由で公正な競争を促し、消費者を保護するのが狙い。電力産業改革法(共和国法第9136号、EPIRA)に即し、市場シェア制…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【予定】21日 河野外相が米ハワイなど訪問ほか(08/21)

【人事】物語コーポレーション取締役に岡田雅道氏ほか(08/21)

【訃報】直野徳氏(元住友商事副社長)(08/21)

テイクオフ:フィリピンは近年、カメ…(08/20)

東南アの住宅サイト大手へ DOT、若者取り込み比首位(08/20)

エアアジアが欧米便に意欲、日本発着国際線強化(08/20)

コカコーラ現法、米本社に事業売却(08/20)

ロビンソンズのスーパー買収、競争委が承認(08/20)

外食マックス、下半期に50店を新規出店(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン