• 印刷する

リッポーの大型都市開発、海外9社が入居

インドネシアの複合企業リッポー・グループは20日、西ジャワ州ブカシ県で進める大型都市開発事業「メイカルタ」について、グローバル企業9社と協業に関する覚書(MOU)を締結した。これら9社は、リッポーがメイカルタに設置する、物流・フィンテック(ITを融合した金融サービス)センターに入居し、メイカルタの事業をサポートする。21日付インベストール・デイリーなどが伝えた。

MOUを締結したのは、英国のソフトウエア開発のマイクロフォーカスのほか、米国、シンガポール、中国の企業。リッポーによると、9社の総投資額は3億米ドル(約319億円)。リッポーは、メイカルタ内の用地27万3,000平方メートルを提供する。

リッポー・グループのジェームス・リアディ最高経営責任者(CEO)によると、メイカルタの基礎インフラ工事は、全体の約7割が完了したという。ジェームス氏は「都市開発には通常7~10年かかるが、メイカルタは5年で完成させる」と述べた。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:東南アジアでは食事の油…(08/21)

【この人に聞く】NECが金融専門部門を設置 高まる新技術の需要に迅速に対応(08/21)

アジア大会で5G体験サービス、KT(08/21)

【予定】21日 河野外相が米ハワイなど訪問ほか(08/21)

地震の死者12人に、2千棟被害(08/21)

【人事】物語コーポレーション取締役に岡田雅道氏ほか(08/21)

ジャカルタ直行便就航を、愛知知事呼び掛け(08/21)

【訃報】直野徳氏(元住友商事副社長)(08/21)

ペリンド2、内陸運河事業で工業団地新設へ(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン