外国人事業法の改正検討、名義貸しに対応

タイ商務省商業開発局(DBD)のクラニー局長は20日、外国人事業法の改正を検討していると明らかにした。名義人(ノミニー)を利用した外国人による実質的な企業支配の問題を解決する狙い。21日付バンコクポストが報じた。 問題解決のため、「外国人」「名義人」の定義を明確に…

関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

SCアセット、米のアパート買収に33億円(15:56)

テイクオフ:「あなた日本人?」タイ…(08/20)

レジ袋・ストローに環境配慮 生分解プラ商機、日系も製造販売(08/20)

エアアジアが欧米便に意欲、日本発着国際線強化(08/20)

日産、東南ア向け新型SUV「テラ」を発表(08/20)

三菱自、MPV「エクスパンダー」を発売(08/20)

タイポスト、郵便事業の高度化推進(08/20)

JWD、レムチャバン港の運営に意欲(08/20)

不動産シンハ・エステート、子会社2社設立(08/20)

ライモン、スクンビットのコンド2件買収(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン