BYDのEVバス、ブラジリアで運行開始

深セン市に本拠を構える中国エコカー最大手、比亜迪(BYD)の販売会社である比亜迪銷售は21日、BYDがブラジルで生産した電気バス(EVバス)「D9W」がこのほど、首都ブラジリアで運行を開始したと発表した。ブラジリアでEVバスが運行されるのはこれが初めてという。

D9Wは、BYDとブラジルの自動車メーカーであるマルコポーロが共同で生産したEVバスの第1号となる。全長は13.2メートル、航続距離は300キロメートルに達する。D9Wは、ブラジリアで月平均約6,000キロを走行する欧州の排ガス基準「ユーロ5」対応のディーゼルバスを使用した場合と比べて、年間で二酸化炭素(CO2)1.8トン以上の排出削減効果があるという。

BYDブラジル支社の李鉄総経理は「マルコポーロと共に首都ブラジリアで初となるEVバスプロジェクトに参画できたことは、BYDとして大変喜ばしい」と述べたほか、ブラジルでの雇用創出に貢献したいとの考えを示した。


関連国・地域: 中国-深セン中南米
関連業種: 自動車・二輪車運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

香港にAI実験室を設立 アリババ、スタートアップ育成(05/28)

テイクオフ:広州では今月中旬からタ…(05/28)

激戦EC市場に参入相次ぐ 日系が新事業を始動、撤退事例も(05/28)

アイシンが比MT生産増強へ TAP子会社化、AT部品生産も(05/28)

対日投資残高、伸び率1%に鈍化(05/28)

香港イノベーション政策に警告、科技大など(05/28)

ZTEへの制裁解除へ 米大統領が表明、罰金など条件に(05/28)

進出日本企業は100%成功=ルーマニア貿易相(05/28)

新浪、香港でセカンダリー上場を検討か(05/28)

米商務長官、6月2~4日に訪中(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン