• 印刷する

ティラワ特区へのFDI、今年度は4億ドル超

日本の官民が参画するミャンマー最大都市ヤンゴン郊外のティラワ経済特区(SEZ)への2017年4月~18年2月まで11か月間の外国直接投資(FDI)は、約4億米ドル(約426億円)に達した。20日付地元紙ボイスが伝えた。

投資企業管理局(DICA)のデータによると、17年度のティラワSEZへのFDIは、前年度比約5.3%増加。同局幹部は「日本やシンガポール、タイ、韓国、英国、オランダから投資があった」と説明した。

ティラワ経済特区管理委員会(TSMC)のセ・アウン委員長は「91社がティラワに既に登記した。うち56社は国内市場向けの製品を製造する」と話した。

TSMCは、ヤンゴン市街地とティラワSEZを隔てるバゴー川に建設予定の新たな橋が完成すれば、さらに多くの投資を呼び込むことができると期待を示している。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

トラック運転手、運行の時間延長求めデモ(10/15)

電子納税システム、来年中の稼働目指す(10/15)

ヤンゴンの駐車場管理、5カ所で落札(10/15)

アマタ、メルギー諸島でヘリサービス計画(10/15)

CLMVT、越境輸送改善でワークショップ(10/15)

伝統機織りの振興支援、カチン州などで(10/15)

ロヒンギャ巡り意見交換、国連特使とスー・チー氏(10/15)

水環境保全へ国際枠組み、インフラ輸出狙い(10/15)

深海港、中国権益7割で合意 需要に合わせ「段階的開発」(10/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン