• 印刷する

ティラワ特区へのFDI、今年度は4億ドル超

日本の官民が参画するミャンマー最大都市ヤンゴン郊外のティラワ経済特区(SEZ)への2017年4月~18年2月まで11か月間の外国直接投資(FDI)は、約4億米ドル(約426億円)に達した。20日付地元紙ボイスが伝えた。

投資企業管理局(DICA)のデータによると、17年度のティラワSEZへのFDIは、前年度比約5.3%増加。同局幹部は「日本やシンガポール、タイ、韓国、英国、オランダから投資があった」と説明した。

ティラワ経済特区管理委員会(TSMC)のセ・アウン委員長は「91社がティラワに既に登記した。うち56社は国内市場向けの製品を製造する」と話した。

TSMCは、ヤンゴン市街地とティラワSEZを隔てるバゴー川に建設予定の新たな橋が完成すれば、さらに多くの投資を呼び込むことができると期待を示している。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

保険市場開放へ動き加速 3月末に全額出資の生保会社決定(01/22)

ヤンゴン管区の消費電力、19年は1割増へ(01/22)

中国との国境経済区、まずチンシュエホーで(01/22)

モン州、昨年の水道料金半分は徴収できず(01/22)

べテル常用者の口腔ケア商品展開で資金調達(01/22)

外食最大手フィールインター、タイに出店(01/22)

マグウェー管区、カラオケ店の規制を策定へ(01/22)

ヤンゴン市議選、3月31日に実施を発表(01/22)

国軍、アラカン軍への反撃で兵士13人殺害(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン