• 印刷する

首都圏東西のMRT、マレーシア企業が提案

マレーシアの不動産開発大手アロイMTDがこのほど、マニラ市レルマとケソン市ディリマンを結ぶMRT(高架鉄道)9号線の建設事業をフィリピン政府に提案した。事業費は600億ペソ(約1,227億円)。国家経済開発庁(NEDA)の承認を待つ。21日付マラヤが伝えた。

アロイMTDは、民間企業が政府に官民連携(PPP)事業を持ち掛ける「アンソリシテッド・プロポーザル」として、同事業を提案した。政府が同社を「最初の提案者」に認定すれば、金額・契約内容で提案を上回る条件を提示する企業に事業権を与える「スイスチャレンジ方式」の入札を実施する。

マニラ市のレルマ―国立フィリピン大学(UP)ディリマン校までの約9キロメートルに11駅を整備する。事業費は2016年の試算では10億米ドル(約1,064億円)だったが、600億ペソに膨れあがった。アロイMTDは、同事業で地場同業Aブラウンと提携する。


関連国・地域: マレーシアフィリピン
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

スーダン政変、ICTSIの契約解除か(15:40)

グラブと財閥SM、スマホ決済提携が始動(15:18)

中国スマホのリアルミー、地場ECと提携(12:00)

成長エンジン、徐々に地方へ 18年GDP、首都圏は5%割れ(04/26)

太陽光エグチ、アルカラ市に発電設備設置(04/26)

【アジア三面記事】猫カフェ、実は悪徳ブリーダー(04/26)

太陽光発電タルラック2、電力供給を開始(04/26)

セブに社会人専門英語校、現地と日本提携で(04/26)

世銀がADBと支援すみ分けへ、比要請受け(04/26)

アヤラランド、国内初のREIT上場へ(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン