• 印刷する

首都圏東西のMRT、マレーシア企業が提案

マレーシアの不動産開発大手アロイMTDがこのほど、マニラ市レルマとケソン市ディリマンを結ぶMRT(高架鉄道)9号線の建設事業をフィリピン政府に提案した。事業費は600億ペソ(約1,227億円)。国家経済開発庁(NEDA)の承認を待つ。21日付マラヤが伝えた。

アロイMTDは、民間企業が政府に官民連携(PPP)事業を持ち掛ける「アンソリシテッド・プロポーザル」として、同事業を提案した。政府が同社を「最初の提案者」に認定すれば、金額・契約内容で提案を上回る条件を提示する企業に事業権を与える「スイスチャレンジ方式」の入札を実施する。

マニラ市のレルマ―国立フィリピン大学(UP)ディリマン校までの約9キロメートルに11駅を整備する。事業費は2016年の試算では10億米ドル(約1,064億円)だったが、600億ペソに膨れあがった。アロイMTDは、同事業で地場同業Aブラウンと提携する。


関連国・地域: マレーシアフィリピン
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ジプニー初乗り、11月から10ペソに値上げへ(15:36)

ABS―CBN、不振のモバイル事業撤退へ(15:10)

台湾の精錬会社、金回収技術を売り込み(12:52)

テイクオフ:日系企業の出張者と話し…(10/18)

金融引き締めスタンス休止も 中銀、前月比インフレ緩和で(10/18)

ネットベースの輸入申告システム、全国導入(10/18)

中国輸入博に大規模訪問団を派遣(10/18)

政府機関の予算消化率、1~9月は97%(10/18)

国際競争力は56位、インフラ整備に遅れ(10/18)

17日為替:$1=53.890ペソ(↑)(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン