• 印刷する

テイクオフ:先週末に開催された「シ…

先週末に開催された「シンガポール・ブティック・フェア」を訪れた。友人に誘われて向かったのは、湾岸部にあるF1ピット・ビルディング。その名の通りF1が開催されるときはピットになるのだが、普段はイベントスペースなどとして活用されている。

ブティックフェアには、雑貨や家具、アクセサリー、洋服、食品など、こだわりの商品を手掛ける地場の企業や個人事業主たちが多数出展。作品を売ったり、ビジネスパートナーを探したりと、みな自分の商品に誇りを持っている様子がうかがえる。ここでしか手に入らない一点物も多く、楽しい時間を過ごすことができた。

中には日本の有田焼やアコヤ真珠の会社とコラボした作品を並べる人も。はるばる日本からやってきた技術などがシンガポールの文化と融合している姿を目の当たりにし、懐かしさとワクワクが混ざった不思議な心地がした。(薩)


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

機械用のフィットビット提供 地場オーク、産業用IoTを展開(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊?現れる(10/19)

タダノ、海外向け部品供給センター設立(10/19)

車両購入権の割り当て、11~1月は9%増(10/19)

政府、セントーサ島とブラニ島を再開発へ(10/19)

OKウェイヴ、ブロックチェーン関連で受注(10/19)

産業ボイラー三浦、シンガ現法が駐在所(10/19)

スターハブ、プリペイド携帯で通話かけ放題に(10/19)

フラトンホテル、シドニーに海外1号店(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン