任期付き従業員の雇用、全業界で認可

インド政府は、これまで衣料製造業のみで認められていた任期付き従業員の雇用を全業界で認可した。企業は需要が増える時期に合わせて社員を増やすなど、柔軟な採用活動が可能になる。PTI通信が20日伝えた。

給与や福利厚生などの待遇は、期間に応じて正社員と同水準に設定することが求められる。任期終了に伴う雇用解除を通知する必要はない。企業は、特定のプロジェクトや需要が増える時期に応じた増員が可能になる。

ジャイトリー財務相は今年2月、2018/19年度(18年4月~19年3月)予算案の発表に伴い、任期付き従業員の雇用を全業界で認可する方針を示していた。衣料製造業では16年10月から認められていた。


関連国・地域: インド
関連業種: 雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ワイヤレススピーカーの…(07/24)

熱帯びるネット家具レンタル 狙いは若者、バイクやカメラも(07/24)

自動車23社の純利益、16/17年度は13%増(07/24)

オディシャ州、高級車の登録税を引き下げ(07/24)

オリエントセメント、生産増強に200億ルピー(07/24)

印進出を検討の韓国企業、製造業に商機(07/24)

建設業界の売上高、20年まで年率2割成長(07/24)

フェニックス、アーメダバードの商業施設で合弁(07/24)

農薬UPL、米同業を42億ドルで買収(07/24)

ウィプロが10億ドル受注へ、過去4年で最大(07/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン