• 印刷する

リコール対象のトヨタ車、約4割が未改修

タカタ製エアバッグの欠陥を受けたリコール(無料の回収・修理)で、台湾自動車販売最大手の和泰汽車(トヨタ自動車系)は、リコール対象車の約4割が未改修として、オーナーにいち早く点検や部品の無料交換を受けるよう呼び掛けている。トヨタのリコール対象車は台湾で約25万台流通しており、うち約10万台が未回収。

中央通信社などが伝えたリコール対象車は、◇2001年3月16日~12年2月2日に生産されたセダン「カローラ・アルティス」◇06年10月23日から13年1月3日に生産された小型ハッチバック「ヤリス(日本名:ヴィッツ)」◇10年1月6日から13年1月1日に生産されたセダン「ヴィオス」◇10年3月24日~12年2月20日に生産された高級ミニバン「アルファード」――の4車種。

和泰汽車によると、既に6割以上が改修済みだが、一部の車両は販売から年数が経過しているため、オーナーと連絡がつかない状態という。

欠陥があったエアバッグは、衝突した際に異常破裂して金属片などが飛び散り、乗っている人が負傷する危険性がある。

リコールに関する問い合わせは、和泰汽車のサービスセンター(0800-221-345)が受け付けている。


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

星宇航空、東京や大阪便の就航を計画(14:19)

テイクオフ:プリーズシッダウン!台…(01/17)

日本の話題作、台湾でも セガ台湾、台北ゲームショウ出展(01/17)

資策会、華為製品を内部ネットワーク接続禁止(01/17)

南亜科技、19年の資本的支出は半減の100億元(01/17)

18年世界PC出荷量、エイサーとASUSは減少(01/17)

中鋼と仏カルデリス、耐火物の共同実験室(01/17)

星光PMC、粘接着剤の新綜工業を連結子会社化(01/17)

儒鴻、2Qにも苗栗でプリント工場を稼働(01/17)

台北駅「双子星」開発、国民党系企業が横やり(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン