• 印刷する

リコール対象のトヨタ車、約4割が未改修

タカタ製エアバッグの欠陥を受けたリコール(無料の回収・修理)で、台湾自動車販売最大手の和泰汽車(トヨタ自動車系)は、リコール対象車の約4割が未改修として、オーナーにいち早く点検や部品の無料交換を受けるよう呼び掛けている。トヨタのリコール対象車は台湾で約25万台流通しており、うち約10万台が未回収。

中央通信社などが伝えたリコール対象車は、◇2001年3月16日~12年2月2日に生産されたセダン「カローラ・アルティス」◇06年10月23日から13年1月3日に生産された小型ハッチバック「ヤリス(日本名:ヴィッツ)」◇10年1月6日から13年1月1日に生産されたセダン「ヴィオス」◇10年3月24日~12年2月20日に生産された高級ミニバン「アルファード」――の4車種。

和泰汽車によると、既に6割以上が改修済みだが、一部の車両は販売から年数が経過しているため、オーナーと連絡がつかない状態という。

欠陥があったエアバッグは、衝突した際に異常破裂して金属片などが飛び散り、乗っている人が負傷する危険性がある。

リコールに関する問い合わせは、和泰汽車のサービスセンター(0800-221-345)が受け付けている。


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「豊年祭においでよ」。…(10/15)

深澳火力発電所の建設停止へ LNG発電にめど、環境にも配慮(10/15)

大立光電執行長、4Q業績は保守的見通し(10/15)

日月光執行長、半導体「5G・AIがけん引」(10/15)

TSMC、アップル「A13」独占受注か(10/15)

ASUS、血圧測定売りのウエアラブル端末発売(10/15)

光陽、業務用電動スクーター市場に参入(10/15)

中油がインドネシアでナフサ分解工場、覚書締結(10/15)

機電設備の永冠能源、台中に新工場建設へ(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン