• 印刷する

アジア開銀、鉄道インフラ改善に1.2億ドル

インド政府とアジア開発銀行(ADB)は16日、鉄道インフラの改善に向けて1億2,000万米ドル(約130億円)の融資協定を結んだ。

財務省が同日に発表した。今回の融資はADBが2011年に承認した5億米ドルの「鉄道部門投資計画」の3期目で、資金は線路網の電化や複線化など、これまでの融資で着手した作業を完了させるために使われる。

調印式には、インド政府から財務省経済局(DEA)で多国籍機関関連の業務を統括するサミール・クマル・カレ氏が、ADBからインド担当ディレクターの横山謙一氏が出席した。


関連国・地域: インド
関連業種: 金融運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:開いた画面があっという…(06/26)

ダッカで都市鉄道の整備進む 日本が円借款、新たに525億円(06/26)

新興企業を支援、スズキやみずほがファンド(06/26)

二輪・三輪車メーカー、完全電化方針に反対(06/26)

南部のゴム農家、タイヤ生産で新会社設立(06/26)

5月の車種別販売、スズキ「イーコ」が躍進(06/26)

高級中古車販売BBT、ネット販売を強化(06/26)

タタIT、日本の合弁への出資比率引き上げ(06/26)

東部の超大型発電事業、技術コンサル公募(06/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン