錦湖タイヤの存続、3月が峠 売却同意なければ事実上倒産へ

経営再建中の韓国タイヤ大手の錦湖タイヤが、労働組合の激しい反発で窮地に立たされている。債権銀行の産業銀行は労組に対し、海外売却に3月中に同意するよう求めた。同意しない場合は事実上の倒産手続きも辞さないと圧力をかけ、労組の態度軟化を図りたい考えだ。ただ、海外売却…

関連国・地域: 中国韓国
関連業種: 自動車・二輪車その他製造金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

日本企業、韓国で商機探る 中小企業商談会開催(09/21)

製薬・バイオの研究開発費に会計処理指針(09/21)

サムスン医療機器事業、ニプロに一部売却か(09/21)

ソフトバンク、中国企業向けファンド設立(09/21)

韓国の中小製造業、生産拠点は中国より越(09/21)

現代自がスイス社に出資、AR車載を開発(09/21)

欧州に水素燃料電池トラック1千台、現代自(09/21)

光州市の自動車工場新設、労組が反発(09/21)

ヤンゴン―ダラ橋、12月に着工目指す(09/21)

現代重持ち株会社、中国ロボット市場攻略へ(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン