錦湖タイヤの存続、3月が峠 売却同意なければ事実上倒産へ

経営再建中の韓国タイヤ大手の錦湖タイヤが、労働組合の激しい反発で窮地に立たされている。債権銀行の産業銀行は労組に対し、海外売却に3月中に同意するよう求めた。同意しない場合は事実上の倒産手続きも辞さないと圧力をかけ、労組の態度軟化を図りたい考えだ。ただ、海外売却…

関連国・地域: 中国韓国
関連業種: 自動車・二輪車製造一般金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

ネイバー、スマートシップ事業に進出(15:20)

現代自、リムジン新型モデルの内・外装公開(15:17)

ウリ銀行が持ち株会社に、総合金融グループへ(15:07)

若年層雇用関連の補正予算、国会で議決(12:22)

テイクオフ:ドルイドキング事件――…(05/21)

LGグループが4代世襲へ 会長の長男、安定した経営環境を(05/21)

LGグループ具本茂会長、73歳で死去(05/21)

韓国企業、北部に物流センター開設(05/21)

SKの期待高まる、東芝メモリ売却決定(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン