タタ自、軽トラでバングラの輸出拠点化検討

インドの自動車大手タタ・モーターズが、軽トラック「タタ・エース」のミャンマーとインド北東部への供給元をバングラデシュに変更する方向で検討していることが、同国で合弁を組むニトル・ニロイ・グループのアブドル・アハマド会長の話で分かった。ビジネス・スタンダード(電子…

関連国・地域: ミャンマーインドバングラデシュ
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド西部マハラシュト…(04/25)

【パキスタン】存在感高める中国 第2回 過剰債務に懸念、日本不在響く(04/25)

塗料バージャー、UP州の新工場に20億ルピー(04/25)

化学タタ、リチウム調達でボリビアに熱視線(04/25)

EV生産の現調率、70%への引き上げ狙う(04/25)

地場KP、グ州に30万kWの風力発電計画(04/25)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(313)(04/25)

西部ディウ、国内初の再エネ100%都市に(04/25)

造船ABGの売却、英リバティが唯一応札(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン