タタ自、軽トラでバングラの輸出拠点化検討

インドの自動車大手タタ・モーターズが、軽トラック「タタ・エース」のミャンマーとインド北東部への供給元をバングラデシュに変更する方向で検討していることが、同国で合弁を組むニトル・ニロイ・グループのアブドル・アハマド会長の話で分かった。ビジネス・スタンダード(電子…

関連国・地域: ミャンマーインドバングラデシュ
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オフィスの前でよく顔を…(12/19)

EV充電規格、日本式も採用 インフラ投資が活発化の兆し(12/19)

ニチリン、地場自動車部品と合弁契約(12/19)

スコミ、ムンバイのモノレールで契約解除(12/19)

車部品マザーサン、独同業レオニを買収か(12/19)

日立システムズ、印に情報安全サービス拠点(12/19)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(347)(12/19)

配車オラ、新興二輪レンタルに1億ドル出資(12/19)

地域高速鉄道、第1期の建設計画を承認(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン