タタ自、軽トラでバングラの輸出拠点化検討

インドの自動車大手タタ・モーターズが、軽トラック「タタ・エース」のミャンマーとインド北東部への供給元をバングラデシュに変更する方向で検討していることが、同国で合弁を組むニトル・ニロイ・グループのアブドル・アハマド会長の話で分かった。ビジネス・スタンダード(電子…

関連国・地域: ミャンマーインドバングラデシュ
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

〔政治スポットライト〕豪は印関係拡大で日本依存縮小を=前外交官(18:43)

【予定】19日 7月月例経済報告ほか(07/19)

テイクオフ:2014年、初めて足を…(07/19)

【訃報】平岡治郎氏(元清水建設副社長)(07/19)

「外国販売を強化したい」 パキスタンのマリービール(07/19)

近鉄エクスプレス、グルガオンに倉庫開設(07/19)

フォード、インド販売が累計100万台に到達(07/19)

道路省、中央自動車規則の改正案を公表(07/19)

インド二輪ロイヤル、特別限定モデル発売(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン