バゴーのダム、地震後の調査完了で給水再開

ミャンマー中部バゴー管区ナッタリン郡区にあるタウンニョ・ダムのかんがいシステムの調査が完了し、農業用水の供給が再開された。調査は日本の政府開発援助(ODA)により実施された。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが16日伝えた。 同管区では2月12日、…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 農林・水産電力・ガス・水道建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

軍系野党、難民の移動の自由容認に猛反対(20:18)

3年後に縫製品輸出50億ドルへ 昨年は20億ドル、飛躍にらむ(04/26)

韓国が工業団地計画、自動車輸出拠点に(04/26)

【ラオス経済通信】中国ラオス高速道路を建設へ 第124回(04/26)

ヤンゴンの火事で健康被害、政府が大気監視(04/26)

通信事業者に課税へ、遠隔地サービス拡充で(04/26)

マンダレーのセメント工場、住民が反対運動(04/26)

投資委が20日付で認可9件、恩典3件(04/26)

ヤンゴンバス、決済請負業者の資格取り消し(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン