国内初の自動搬送納骨堂を導入 地場ライフ、日本式を参考

国土が狭いシンガポールでは、墓地の確保は政府にとって頭の痛い問題だ。土地を有効活用するため、日本で使われている自動搬送式納骨堂システムを導入する計画が進んでいる。葬祭サービスの地場ライフ・コーポレーションは、2020年に国内初となる自動納骨堂施設を開業する予定。過…

関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 商業・サービス社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールの地元紙に…(06/25)

デジタル関連事業の拡大推進 シングテル、全売上高の24%に(06/25)

日系の水産新興企業ウミトロン、9億円調達(06/25)

ジェイHD、地場企業からシステム開発受注(06/25)

スーパーインターネット、豪企業が買収(06/25)

繁華街に若者限定の共用オフィスが開業(06/25)

ハンズフリー改札機、MRT4駅で試験運用(06/25)

プラズマで靴底を接着、東南アで技術PR(06/25)

安全航海の研究所、ポリテクニック内に開設(06/25)

アスコット、中国で2軒のサービス住宅開業(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン