環保署とドイツの大学、大気汚染物質調査で連携

台湾の行政院環境保護署(環保署)は14日、人体に有害な微粒子状物質「PM2.5」などの浮遊ルートや各種物質の分析を進めるため、ドイツのブレーメン大学の研究チームと連携すると発表した。実務は、台湾政府系最高学術機関である中央研究院の環境変遷研究中心が担当する。 15日付…

関連国・地域: 台湾欧州
関連業種: その他製造IT・通信電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

TSMC、4Qは10%増収へ 通年は下方修正、仮想通貨向け縮小(10/19)

メモリー宜鼎、傘下4社とAIoT連盟(10/19)

米中摩擦の影響、車市場は「最後」=裕隆日産(10/19)

シャープ、プラズマ空気清浄機をMRTに設置(10/19)

繊維の福懋興業、漁網の再生繊維を米出荷へ(10/19)

ECの網家、19年3Qに台北で無人店舗(10/19)

OKマート、セルフ調理器「OKクック」導入(10/19)

海外資本の商用不動産投資、今年はゼロ(10/19)

台北の店舗用物件、地上1階以外の需要拡大(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン