国境周辺の陸運インフラ整備、運輸相が方針

タイのアーコム運輸相は14日、大メコン圏(GMS)6カ国(タイ、カンボジア、ミャンマー、ラオス、ベトナム、中国)での貿易などの促進に向け、国境周辺の陸運インフラを整備する方針を明らかにした。タイ政府は、向こう5年で2兆バーツ(約6兆8,000億円)を投じる計画。15日付…

関連国・地域: タイミャンマーカンボジアラオス
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

工業省、鉄鋼業界の発展計画の策定求める(18:32)

テイクオフ:経済のデジタル化や、産…(12/19)

日系チェーンは運営見直しも 化粧品市場(下)差別化で攻勢へ(12/19)

イースタン、EV向け軽量ボディー供給へ(12/19)

バンコク航空、来年1月にカムラン線就航(12/19)

東北部コンケンのLRT、入札は来年2月(12/19)

ハウスドゥ、海外初進出先としてタイを検討(12/19)

外国人犯罪の摘発、中国人が75%(12/19)

不動産シンハ、定期収入拡大に580億円投資(12/19)

建設ITD、LNG基地と鉄道地下工事受注(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン