• 印刷する

テイクオフ:「覚書なので法的拘束力…

「覚書なので法的拘束力はない」――。あるドイツ企業が持ち掛けてきた「世界最先端技術」の投資案件を進め、市長臨席のもと覚書の調印式を行った台中市。ドイツ企業の業務実態が不透明なことが分かると、市の幹部はやや強気な説明を行った。

投資に対しては常にオープンマインドで、という姿勢が今回は裏目に出たようだが、同時に有力者の紹介だったことにも原因があるように思う。中国に比べるとスマートとはいえ、そこはやはり中華圏。「関係(コネ)」と「面子」は今でも重要だ。あの人の紹介案件だから大丈夫だろう、あの人の面子をつぶすわけにはいかない、と信頼しきってしまったことは想像に難くない。

その後、市長は「確認が足りなかった。改善の余地はある」と素直に認めた。弊社も台中市が発表しているのだからと、何の疑問も抱かずに伝えてしまった。反省材料としたい。(蔵)


関連国・地域: 台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

聯華電子が生産能力拡張、274億元投資(13:54)

テイクオフ:気が付けばウーバーばか…(12/13)

三井アウトレット台中港が開業 19年目標は売上50億元・集客800万人(12/13)

精誠資訊、シーメンスとIIoTで提携(12/13)

18年半導体設備出荷額、台湾は3位=SEMI(12/13)

工研院IEK、「19年メモリーマイナス成長も」(12/13)

台湾系ユニオン銀、新本店ビルの落成式開催(12/13)

UCC、雲林斗六の工場を19年1月本格稼働(12/13)

薬華の注射剤新工場、19年1Qにも生産開始(12/13)

エイスース、印スマホ市場でシェア10倍目標(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン