日系石化PCS、ナフサ輸入施設を開所

住友化学や英・オランダ系ロイヤル・ダッチ・シェルなどが出資するペトロケミカル・コーポレーション・オブ・シンガポール(PCS)は14日、シンガポール西部ジュロン島に建設したナフサ輸入施設を正式に開所した。投資額は8,000万米ドル(約85億2,000万円)。 ナフサ輸入施設は…

関連国・地域: シンガポール日本中東欧州
関連業種: 化学・石化天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:12日の米朝首脳会談は…(06/18)

5月新規車両登録は15%減 乗用車と商用車が共に不振(06/18)

金融業の成長予測を上方修正、MAS調査(06/18)

ルワンダと2つの協定締結、投資と航空(06/18)

5月の賃料指数、民間・公営とも0.2%上昇(06/18)

ニプロ、2カ国で透析関連商品の直販開始(06/18)

サムライJP、ニューユニオンと業務提携(06/18)

中国系Fウィール、電動自転車の販売拠点開所(06/18)

ラオラオが復活オープン、チャンギ空港で(06/18)

セムマリン、極地用クルーズ船の設計を受注(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン