• 印刷する

2月失業率4.6%、0.3P改善=統計庁

韓国統計庁が14日発表した2018年2月の雇用動向によると、失業率は4.6%と前年同月と比べて0.3ポイント改善した。就業率も0.1ポイント上昇の65.8%だった。

失業者数は7万6,000人減の126万5,000人。年齢別では、15~29歳の若年層が11万6,000人減少した。一方、40代は横ばい、50代以上は微増となった。

しかし、若年層(15~29歳)の失業率は9.8%と高止まりが続く。ロイター通信によると、金ドンヨン経済副首相兼企画財政相は「若年層の雇用問題はますます深刻の度合いが増している」とコメントしている。

就業者数は10万4,000人増の2,608万3,000人だった。建設業(6万4,000人増)や金融および保険業(5万6,000人増)などが大きく増えた。製造業も1万4,000人増加した。


関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:他界した父親が残した土…(09/19)

平壌で南北首脳会談 非核化への具体化なるか(09/19)

8月輸出額8.7%増、半導体などが好調(09/19)

現代のEVコナ、来年7月にインドで発売(09/19)

最低賃金1万ウォン、21~22年ごろを検討(09/19)

40~50代のアルバイトが増加、雇用難で(09/19)

仙台のNPO、韓国金海市と協定へ(09/19)

韓国KTとホアビン、スマートシティー構築へ(09/19)

スマホ販売、8月は中国2社がシェア拡大(09/19)

再保険会社、上期純利益13.8%減(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン