2月失業率4.6%、0.3P改善=統計庁

韓国統計庁が14日発表した2018年2月の雇用動向によると、失業率は4.6%と前年同月と比べて0.3ポイント改善した。就業率も0.1ポイント上昇の65.8%だった。

失業者数は7万6,000人減の126万5,000人。年齢別では、15~29歳の若年層が11万6,000人減少した。一方、40代は横ばい、50代以上は微増となった。

しかし、若年層(15~29歳)の失業率は9.8%と高止まりが続く。ロイター通信によると、金ドンヨン経済副首相兼企画財政相は「若年層の雇用問題はますます深刻の度合いが増している」とコメントしている。

就業者数は10万4,000人増の2,608万3,000人だった。建設業(6万4,000人増)や金融および保険業(5万6,000人増)などが大きく増えた。製造業も1万4,000人増加した。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 経済一般・統計雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

サムスン、ソウル大教授に賠償金=米地裁(16:47)

サーブワン、ソウル江南で共有オフィス事業(16:49)

LS電線、インドネシアに電力ケーブル合弁(17:43)

テイクオフ:ソウルは人口1,000…(06/18)

5月新規車両登録は15%減 乗用車と商用車が共に不振(06/18)

DICが液晶の技術拠点開設 解像度など分析、トレンドに対応(06/18)

韓国の現代モービス、越をソフト研究拠点に(06/18)

現代自の1~5月販売、7%減の1.3万台(06/18)

5月輸出額13.2%増、半導体と石油製品伸び(06/18)

5月失業率4.0%、0.4P悪化=統計庁(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン