• 印刷する

テイクオフ:「台湾で最高のフレンチ…

「台湾で最高のフレンチを食べたい」という香港人の友人のリクエストで、今月初めに台中にあるフランス料理店「ラ・ムー」を訪れた。メディアに何度も取り上げられた名店で、厨房で腕を振るう陳嵐舒氏はアジアの最優秀女性シェフに選出されたこともある。

店は静かな住宅街にある4階建ての建物。一般の食事スペースは2階の28席のみ。台湾の食材を使った創作フレンチは見た目も美しい。ゆったりとした雰囲気で、サービスも一流だ。

だが、料理を堪能した後の今月7日夜、同店は突然「12月末で閉店する」と発表。なんでもSNSなどで評価される時代に違和感を感じたのが理由らしい。有名だからと訪れ、写真撮影に興じていた自分たちの行為を思い出し、顔が真っ赤になった。今回の閉店は、あまりにも当たり前になった「インスタ映え」に一石を投じることになるのかもしれない。(優)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本囲碁界の7大タイト…(12/12)

外国人材の活用を、福岡市でセミナー(12/12)

工作機械、11月輸出がマイナス 中国向け11%減、一部で生産調整(12/12)

鴻海11月の売上高、過去2番目の高水準(12/12)

聯発科技11月は1割減収、今年3番目の低さ(12/12)

PC2社の売上高、11月はそろって減収(12/12)

ノートPC受託5社、11月は明暗分かれる(12/12)

テスコム電機、台湾でサロン向けブランド(12/12)

日本食研が嘉義工場着工、台湾本社も移転へ(12/12)

台湾の航空宇宙産業競争力、27位に急落=PwC(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン