ベンツPHV電池工場が起工 19年稼働、東南アジアで初

ドイツの高級車メーカー、メルセデス・ベンツは14日、タイのプラグインハイブリッド車(PHV)向け蓄電池(バッテリー)工場を起工した。同製品の生産は世界6カ所目で、東南アジアでは初めて。投資額は車両の組立工程と合わせて1億ユーロ(約130億円)。同国の高級車市場で電動…

関連国・地域: タイ欧州
関連業種: 自動車・二輪車電機マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ここ最近は大降りの雨が…(09/19)

地域の物流網発展に対応を 模倣品見極め、真贋判定セミナー(09/19)

EV設備、売り込みに熱気 再エネ展示会に日系10社出展(09/19)

桜十字、エンポリで12月に病院開設(09/19)

三井不動産とアナンダが合弁、新コンド開発(09/19)

チワタイ、トンロー通りに低層コンド開発(09/19)

CBRE、ラチャダの大型開発用地を入札へ(09/19)

ダウェー特区、タイ20社と賃貸契約締結準備(09/19)

住宅開発セナ、子会社を新設(09/19)

日立、IoT事業をタイからASEANへ(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン