ALSOK、4月に子会社業務開始へ

綜合警備保障(ALSOK)は12日、ミャンマーで警備サービス全般を行う子会社ALSOK・ミャンマー・セキュリティ・サービシーズを設立し、4月1日から業務を始めると発表した。現在のミャンマー支店から切り替える。

資本金は30万米ドル(約3,200万円)で、出資比率は綜合警備保障が99%、ALSOK・コンサルティング・タイランドが1%。所在地は最大都市ヤンゴン管区バハン郡区。

ミャンマーが高い経済成長率を維持し、日系企業の進出数も増えていることから、子会社設立の認可を取得した。綜合警備保障は「日系企業の安全、安心を確保し、警備業界の発展に貢献したい」とコメントを出した。

ミャンマーではALSOK・コンサルティング・タイランドが2014年6月、ミャンマー支店を設立して活動していた。同支店は閉鎖予定。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

活動家の新党、選管がロゴと党旗を却下(13:50)

4~5月の縫製品輸出、5億ドル超に倍増(13:12)

5月のFDI、製造業が好調 10件で全体の9割占める(06/18)

鉄道監視で新システム導入、日本が支援(06/18)

キリンの寄付、軍に渡る?=ミャンマー子会社(06/18)

ロヒンギャ調査委設置、国内外から痛烈批判(06/18)

国軍が国連支援に不快感、ロヒンギャ帰還で(06/18)

ラカイン漂着難民、92人はロヒンギャと確認(06/18)

投資委、認可企業に年次報告書の提出義務化(06/18)

ヤンゴン議員、郊外の11工業団地新設に反対(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン