パナ、大連の車載電池工場が量産出荷開始

パナソニックは13日、遼寧省大連市に設けた車載用リチウムイオン電池工場で量産出荷を開始した。電気自動車(EV)といった環境対応車向けで需要が拡大する角形リチウムイオン電池を、中国国内と北米市場に向けて供給する。 パナソニックは2016年2月に産業用電気機器を手掛ける大…

関連国・地域: 中国-大連日本
関連業種: 自動車・二輪車その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

中国系が不動産開発を加速 太子地産集団、20億ドル投資(09/19)

テイクオフ:マンションのポストに、…(09/19)

三菱電など中国から日本へ生産移管、米関税回避(09/19)

EV設備、売り込みに熱気 再エネ展示会に日系10社出展(09/19)

輸出指数が過去最大の下げ幅 米中貿易摩擦で先行き不安強まる(09/19)

米が対中追加関税第3弾 24日発動、2000億ドル分対象(09/19)

今年の輸出見通し、半減の3%成長に修正(09/19)

日本企業、影響精査急ぐ=第3弾関税(09/19)

達邦が生産増強、印工場は20年下期に量産へ(09/19)

現地生産高級車市場、8月はA6Lが首位(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン