• 印刷する

操業停止の韓国系縫製工場、再就職は3割

突然操業を停止したベトナム南部ドンナイ省の韓国系縫製工場で働いていたベトナム人従業員1,900人余りのうち、新たな就職先が決まったのは、わずか3割程度にとどまっていることが分かった。

13日付ベトナム・ニュース(VNS)電子版によると、バウセオ工業団地に入居するKLテクスウエル・ビナでは、昨年8月から賃金の未払いが発生。社長を含む韓国人幹部12人は、先月のテト(旧正月)前に帰国したまま連絡がつかなくなっており、工場の操業停止により、ベトナム人従業員1,928人が失業状態に陥った。このうち、約1,700人が失業手当を受け取ったが、新たな就職先が決まったのは600人程度にとどまっているという。失業手当や社会保険手帳を受け取っていない従業員は、帰省した可能性が高いとされている。

同社の従業員600人余りを受け入れたバウセオ工業団地内の企業は、年齢に関係なく、月給500万ドン(220米ドル、約2万3,400円)と賞与(ボーナス)、残業代を保証するとしている。ドンナイ省労働組合連合会は、妊婦や比較的年齢の高い従業員を優先的に受け入れるよう周辺企業に呼び掛けており、これまでに15社が合意したという。


関連国・地域: 韓国ベトナム
関連業種: 繊維マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

国営企業の統括組織が発足 民営化進展には懐疑論も(10/18)

PE発泡体の三和化工、開業式(10/18)

韓国現代ウィア、工作機械の越事務所を開設(10/18)

鴻海系鴻騰、ベトナム半導体企業を完全買収(10/18)

EU、越との木材協定は合法貿易促進(10/18)

化学品物流の日陸、現法設立(10/18)

ハイフォン市にインランドデポ開設へ(10/18)

住宅価格は実質価値を反映せず=建設省(10/18)

カントー市でごみ処理発電がスタート(10/18)

アマノ、HCM市に駐在員事務所(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン