中年層の不当解雇防止へ、政府が法改正推進

韓国政府が、中年層の会社員の指名解雇や強制退職を防ぐ勤労基準法改正に乗り出す。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「希望退職乱用防止法」の導入を公約に掲げており、2018年下期にも法改正や法制定が進められる見通しだ。政府は今週に若年層の雇用対策案を発表する予定だが、中…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国の保守勢力が壊滅状…(06/19)

スシローが台湾に1号店開業 海外2カ所目、将来は100店舗目標(06/19)

ダラ大橋の早期着工求め、千人がデモ(06/19)

公取委、財閥改革加速に意欲 創業者一族の支配にメス(06/19)

現代自、16人乗りミニバン「ソラティ」発売(06/19)

5月ICT輸出2割増、18カ月連続2桁増(06/19)

5G通信装置、大手はファーウェイ製導入か(06/19)

サムスン、ソウル大教授に賠償金=米地裁(06/19)

LG電子、下期にテレビの新製品33モデル(06/19)

5月自動車産業、生産と輸出が減少(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン