• 印刷する

テイクオフ:少し前の話になるが、1…

少し前の話になるが、1990年代にテレビで活躍した関西のお笑い芸人が広州でイベントを開催するので一緒に見てみないかと友人に誘われ、行ってみることにした。

やはり第一線で活躍していた芸人だけあって、会場を笑いに巻き込む力は筋金入りだ。こちらはひたすら笑い続けた。数時間も笑いに笑ったのはいつぶりだろうか、思い出せないほどだ。

コメディを楽しんだ後は、芸人を囲んでの食事会が設けられた。なんでも聞いてよいというので、「中国のお笑いをどう思うか」と尋ねてみた。すると「芸人はいるけれど、国民的人気者といった存在はいない」との答え。続けて「若者が憧れるようなお笑いを中国で生み出せたら面白いね」と語る目には力がこもっていた。なるほど、そんな風に中国のお笑いを考えたことはなかったな。どんな世界でもプロの分析は鋭いものだ。(川)


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

時代集団、貿易摩擦の影響は制御可能(20:16)

金融空白県を解消へ、農村銀が多地域展開(18:31)

【予定】18日 南北首脳会談ほか(09/18)

運用資産5年で倍、6割回答 業界団体調査、本土が成長促す(09/18)

テイクオフ:「待つ」という行為も楽…(09/18)

サムスン、中国に電子部品工場 車載向けに本格投資へ、現地報道(09/18)

中国企業と覚書12件、8千万ドル規模(09/18)

環境関連の行政処分11万件 1~8月、江蘇・広東などに集中(09/18)

中国ジンコ、太陽光市場への進出検討(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン