• 印刷する

日本の不動産を狙え!オージーの投資が加速

オーストラリア人は価格の安い日本の不動産への投資を加速しており、特にスキーリゾートが人気の投資先になっている。11日付サンヘラルドが伝えた。

専門家によれば、シドニーやメルボルンと比べて安価な日本の不動産は、特に国内の不動産が高すぎて手が出ない若いオーストラリア人を引きつけているという。

シドニー在住の港湾労働者のジェイク・ヒース氏(33)は約10年前、北海道のニセコのスキー場で働いた後、シドニーに戻る直前に日本で初めての不動産を購入した。ヒース氏の夢は、ニセコにスキー客のための小さな家を建てることだが、オーストラリアと日本の間の融資条件の厳しさが障害になっているという。同氏は半年前から融資を申請しており、承認されるのを待っている状態だ。同氏を含め、ニセコに投資を行うオーストラリア人は多い。

同じスキーリゾートである長野県の白馬村もオーストラリア人にとって人気の場所の一つで、7部屋の住宅が43万3,578豪ドル(約3,600万円)で購入できる。オーストラリアのスキーリゾートのスレドボでは、ワンルームのアパートだけで24万豪ドルする。

日本への不動産投資を仲介するNippon Tradings Internationalのジブ・マーゲン氏は、顧客の40%がオーストラリア人だと説明。日本政府が外国人による土地の購入や所有に規制を設けていないことを理由の一つに挙げている。

電信送金のOFXによれば、35歳未満のオーストラリア人による不動産投資のための海外送金は2015年から17年末の間に80%増加しており、このうち5割以上が日本の不動産投資用だという。


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 金融建設・不動産マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアに住み始…(09/18)

日本企、商業不動産投資を拡大 豪州で16億$超に(09/18)

シドニー北西線の改築、「プランB」ない?(09/18)

〔政治スポットライト〕モリソン首相、個人は人気も連立は低支持率(09/18)

豪首相、高齢者介護業界対象に王立委立上げ(09/18)

ビザ種類削減へ、優れた移民を選別(09/18)

学位取得者と高卒者の給与差、縮小傾向に(09/18)

豪再生エネの発電割合25%超、過去最高に(09/18)

キッドマン、WA州産リチウムをブランド化(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン