ソウル市、太陽光普及に向け事業会社新設

ソウル市は12日、太陽光発電の普及へ公社を新設したと発表した。2022年までに、100万世帯に太陽光発電設備の設置を目指す。 ソウルエネルギー公社は、太陽光発電設備の設置申請や維持管理業務を担当する。これまで、メーカーごとに分かれていた手続きを統括する。5地域(鍾路区、…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

サムスン電子、「エクシノス」の新ロゴ公開(18:17)

クラークで2カ所目の免税店、韓国系施設に(18:26)

チャバイオ、米国子会社をアステラスに売却(18:18)

テイクオフ:「休みでも家事や育児で…(06/26)

鉄鋼業界に新たな頭痛の種 行政と対立、汚染物資排出めぐり(06/26)

経済成長率2.4%、政府系機関が予測引下げ(06/26)

中小企業の9割、下期投資拡大せず(06/26)

高島屋、ハノイ郊外の開発事業に参画(06/26)

SBI貯蓄銀行、モバイルサービス開始(06/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン