中国合弁が新セメント工場 北西部で週内稼働、建設業に対応

中国とカンボジアのセメント合弁会社が、北西部バッタンバン州の新工場を16日にも稼働させる見通しだ。投資額は2億3,000万米ドル(約245億円)で、年産能力は約180万トン。経済成長に伴ってセメント需要が急増している建設業に対応していく。国内のセメント工場は5カ所に増え、国…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: その他製造建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

セサン水力発電所が本格稼働 国内最大、輸入電力低減へ(12/18)

日産、新型SUV「テラ」を発売(12/18)

首相、中国企業のダラサコル開発事業を絶賛(12/18)

コッコンの探鉱大型投資、首相が却下(12/18)

消費者保護法、19年初めにも閣議承認(12/18)

地方開発銀、無農薬野菜農家に融資へ(12/18)

沿岸4州を観光開発、空港など整備(12/18)

生産性向上へ基本計画提案 国際機関APO、年5.2%引上げ(12/17)

日本郵便、国際eパケライトの取扱国拡大(12/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン