中国合弁が新セメント工場 北西部で週内稼働、建設業に対応

中国とカンボジアのセメント合弁会社が、北西部バッタンバン州の新工場を16日にも稼働させる見通しだ。投資額は2億3,000万米ドル(約245億円)で、年産能力は約180万トン。経済成長に伴ってセメント需要が急増している建設業に対応していく。国内のセメント工場は5カ所に増え、国…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 経済一般・統計製造一般金融・保険建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

中国資本の発電所11カ所 17年時点、能力全体の8割弱(06/25)

1人当たりGDP、首都は3800ドル到達(06/25)

燃料価格抑制へ3千万ドル支援、政府(06/25)

株取引急増、20日に過去最高を記録(06/25)

首都に新たな娯楽施設、27店舗が入居(06/25)

中銀、地方金融機関11社の免許はく奪(06/25)

中国成都八益、家具卸売市場を開業(06/25)

カンダルとコッコンの土地紛争、70人が抗議(06/25)

日本に選挙支援中止求める、パリでカンボジア人ら(06/25)

【予定】25日 金融政策決定会合「主な意見」公表ほか(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン