• 印刷する

乾期の電力消費量、8日に過去最大を更新

ミャンマーのトゥン・ナイン副電力・エネルギー相によると、8日の電力消費量が乾期としては過去最大の3,267.5メガワット(MW)に達した。前年同日比では378.5MW増加した。イレブン電子版が11日伝えた。

発電量は昨年11月に1日当たり平均3,189MWに達した後、12月から今年2月にかけて低下していたが、2月24日が3,030.9MW、26日が3079.8MW、27日が3,109.8MWと推移。3月5日が3,150.5MW、7日が3,186.7MWとなった。

国内の電力消費量(1日当たり)は2016年が2,673MW、17年が2,889MWと増加を続けている。現状の消費量は、ピーク時で3,200MW前後。このうち最大都市ヤンゴンと第2の都市マンダレーがそれぞれ1,350MWと550MW以上、その他の地域が1,200MWを消費する。

ミャンマーでは1,087万7,000世帯中、39.4%に当たる428万9,000世帯が電化されている。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

迫害、証拠も提出を=ロヒンギャ調査で独立委(00:42)

家庭用LPG、本格普及へ 地場パラミが自社ブランド展開(12/13)

英団体が国軍関与リストを発表、日本企業も(12/13)

ロイター記者釈放求め集会、逮捕1年(12/13)

インド大統領、チャオピュー深海港で懸念か(12/13)

インド人、到着ビザでの入国可能に(12/13)

KBZ銀、電子決済サービス促進に意欲(12/13)

ザガインの4地区、契約農家事業を開始(12/13)

四川航空、西安―ヤンゴン線を就航(12/13)

マイクロ金融4社と契約、リンクルージョン(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン