SPセティア、バングサの用地全権益取得

マレーシアの不動産開発大手SPセティアは8日、クアラルンプールのバングサ地区で有望開発用地を保有する合弁会社、セティア・フェデラル・ヒルに対する未保有株式50%を合弁相手のムカー・グミランから4億3,189万リンギ(約117億7,000万円)で取得すると発表した。 これにより…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

RM=27.6円、$=4.06RM(20日)(18:19)

SSTの免税品目案を公表 「自動車も対象」で混乱生じる(07/20)

SSTの詳細わかるまでは静観=イオン(07/20)

【アジア三面記事】神隠しの結末は(07/20)

ソニー、高級コンデジRX100VI発売(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

RM=27.7円、$=4.06RM(19日)(07/20)

【訃報】村松誠氏(元日本通運副社長)(07/20)

BMW、通年で2桁成長に自信=上期11%増(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン