「民族浄化」証拠見せよ、緬の高官が反論

【ジュネーブ共同】ミャンマーのタウン・トゥン連邦政府相は8日、ジュネーブで記者会見し、イスラム教徒少数民族ロヒンギャの迫害問題について「『民族浄化』と非難する前に明白な証拠を見せてもらいたい」と反論した。 国連や国際人権団体は、隣国バングラデシュに逃れたロヒン…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

日本支援で投資促進計画 事業環境改善を加速(10/19)

〔寄り道〕「喉が渇いていますか?僕ので…(10/19)

外資規制緩和でイオンが認可、商業省(10/19)

格付けフィッチ、経済成長率を下方修正(10/19)

携帯MPT、電子書籍サービスを開始(10/19)

英政府とスイス系企業、小口保険の振興支援(10/19)

ラカインリゾート地での夜市に認可(10/19)

提訴されたイレブン記者ら、保釈を請求(10/19)

スーチー氏の兄、邸宅相続で最高裁に上告(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン