経済成長率、19年以降に上向く=世銀予測

世界銀行は、ラオスの経済成長率が2018年にやや鈍化した後、19年以降に再び上向くとの見方を示した。水力発電所の相次ぐ稼働などが経済成長をけん引するとみている。 18年の国内総生産(GDP)成長率は6.6%。国際通貨基金(IMF)による17年の成長率予測(6.9%)などを下回…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

トンルン首相、公務員削減の加速を指示(02/18)

統計局、中銀に通貨安定策を要請(02/15)

財務省、19年の関税収入4.4%増を予測(02/14)

後発3カ国の対日輸出2割増 18年は30億ドル、域内では小規模(02/14)

政府、災害管理など4法案審議(02/13)

両備システムズが合弁会社、ICT事業参入(02/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン